住宅ローンの金利が過去最低水準ですが

住宅ローンは長期プライムレートや短期プライムレートに連動する
商品だったのですが、現在は自由化になっています。

簡単に言うと、銀行が調達してくる金利+利ザヤということになりますね。
現在はこの利ザヤを大幅に削って、優遇金利なるものが
珍しくありません。

店頭金利マイナス●%といった具合です。

消費税の増税を見据えて、各銀行が優遇金利ワクを増やすなどして
貸し出しに積極的になっています。

実は金利優遇制度が始まったのは約10年ほど前です。
法人の設備投資に関する融資が増えない中、
貸し出しノルマを達成できない銀行が
個人の住宅ローンに力を入れ始めたのです。

結果、大好評であっという間に、主要銀行に広まりました。

さて、私は任意売却の仕事を数多く手がけていますが
住宅購入から5年から10年程度で、返済不能になるケースが
非常に多いことを肌で感じています。

不良債権が増えるとどうなるのか?

まずは、貸し出し審査が厳しくなりますよね。

そして、適正な利益の確保にシフトされます。
適正な利益とは何か?

金利のディスカウントをやめることです。

現在は銀行金利はディスカウント合戦ですが
時間の問題でしょう。

そう言った意味では、買い時とも言えますが
将来の金利上昇を十分検討した上でご購入下さい。

不動産の購入無料相談承ります。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭高難易度不動産の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。