固定資産税が安くなるかも!

はじめまして。土地家屋調査士の花上です。
本日は知って得するお話をしたいと思います。
土地をお持ちの方なら悩める税金・・・固定資産税。
この固定資産税がなんと安くなるかもしれないのです。
土地についての固定資産税は法務局に備え付けられている
登記簿という帳簿の記載面積から算出されています。
その登記簿面積は必ずしも実際の面積と合致しているわけではないのです。
分譲住宅地等の場合は正確な図面(地積測量図と言います)
が備わっており、登記簿面積と実際の面積は合致しているわけですが、
そういった土地以外の場合は地積測量図がなく合致していない場合が多いのです。
実際の面積より登記簿面積が少ない場合は得をしているわけですが、
登記簿面積の方が多い場合は税金を払い過ぎていることとなります。
何とも馬鹿らしいですよね。
税率の安い農地なら影響は少ないかもしれませんが。
税率の高い月極駐車場等の場合はばかになりません。
次回はこれを修正し、税金を安くする方法をお教えします。

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.