【税金】固定資産税を滞納して差押えられてしまいまいした

未納税金のご相談

ご質問内容

税金を払っていなかったので差押えられてしまいました

計画的に返済できるか否か冷静に検討しましょう

固定資産税や市県民税の他自動車税など
毎年かかってくる税金がありますよね。

一度延滞が始まると、なかなか元に戻しにくいのが税金の怖いところです。
延滞した税金にも延滞金というペナルティーが付き
その額は年率14.5%という高金利となります。
例えば100万円の滞納がある場合、毎年14万5千円の延滞金を払う必要があります
更に、毎年新たな税金の請求が来ますので、
延滞した元の税金+新しく発生した税金+延滞金となり
単純計算で2倍以上の金銭を支払わなければなりません
このようなお金を払えるなら、そもそも延滞していませんから
かなり厳しい状況におかれていると言えます。

では、このようなケースではどのようにすればよいでしょうか?
まず、延滞分を含めた税金の支払いが間違いなく、実行できるか?
ということが一番大切です。

収入に対して、支出が無理なくできのか?
出来ないなら、実質破綻していると言えます
この場合、早く出血を止めなければなりません。
つまり、税金がかからないようにするのです。

市県民税は所得にかかる税金、
自動車税は車の所有にかかる税金
固定資産税は不動産の所有にかかる税金
健康保険は人にかかる負担です

市県民税は無くすことは困難ですが
自動車、不動産は手放せば新たな税金はかかってきません
現在の収入では税金の負担ができないのなら、これらを手放すのは
やむをえない選択だと考えられます
その上で、分割交渉などをしてみてはいかがでしょうか?

いろいろなご相談

申込フォームへ

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.