自己破産しない解決法

不動産コンサルタントの杉山 善昭です。
今日の話題は、自宅売却後の破産に関してです。

日本人はやはり、マジメな人種なのでしょうか?
今、自宅を売却しても残っているローンが全部返せない場合、
「自己破産するしかない。」と思っている方が多いようです。

しかし、借金が全部返せないからと言って、必ずしも破産しなければならないでしょうか?

確かに返しきれない借金を抱えていては、再スタートも
困難になってしまいますよね。

それは確かにその通りです。
しかし、あえて言いますが
私は自己破産について基本的に反対です。

その理由を述べましょう。
もし、私が借金を払えなくなったとしましょう。

自宅を処分しても、尚借金は残ります。
いっそのこと自己破産してチャラにすれば、どんなに楽なことだろうか?

至って普通の考えですよね。

しかし、私も子の親。

やはり、自分の子供に「父ちゃん破産したんだ」とは言いにくい。
つまらないプライドかもしれませんけどね。

子供が「破産」という言葉を理解するかどうか分かりませんが
子供には、心配をかけたくない。つらい思いをさせたくない。

出来ることなら、「家は売っちゃったけど破産しないで
頑張る父ちゃん」でいたい。

私のところへご相談にいらっしゃる方も、「頑張る父ちゃん」でいてほしいのです。

そんなことを言ったって、返済しきれない借金を抱えてどうするんだ。
そんな声が聞こえてきそうです。

皆さんが誤解しているあることを書きますね。
自宅を処分した後に残った借金。
全額返す必要は、もちろんあります。

「全額返すのは無理!
だから、自己破産しかない。 」

あなたは、このように思っていませんか?
もう一つ解決方法があるのです。

残った借金を圧縮する方法です。

例えば毎月●万円を一定期間、延滞なく返済したら
残った借金は免除してもらう。

こんな解決方法もあるのです。
銀行と話がつかなければ、最悪自己破産しますよと言って
銀行と交渉するのです。

日常的な業務に慣れてしまうと、破産することは特別なことでは
無くなってくるのですが、普通は破産することに対して抵抗ありますよね。

自己破産だけが解決方法ではありません。
残った借金の交渉などは、弁護士の力も借りて
あなたの問題を一緒に解決します。

ウチはまだ何とかなるかしら?と悩んでいたらご相談下さい。
ご相談は無料です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご連絡先(必須)

題名

メッセージ本文

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.