「杉山先生は怒らないんですね」といわれました(笑)

コートが手放せないくらい寒さが本格的になってきましたね。

本厚木駅にある私のオフィスでは
住宅ローンが払えないけどどうしよう?
こんなご相談にものっておりますが、
私が出張してご相談することも珍しくありません。

「相談に行きたいけど本厚木駅はちょっと遠いんだよね・・・」
という方、出張料はいただいておりませんので、
お気軽にお声をかけてくださいね。

さて、昨日はその出張相談で世田谷区桜丘まで行ってきました。
駅は千歳船橋駅となります。
実は私、電車に乗るのが大好き。
鉄ちゃんというほど知識もありませんが、どこまでも
連れて行ってくれる感じがする、特急電車がたまらなく好きで
小田急に乗る場合はかなりの確率でロマンスカーに。。。

今回は千歳船橋なので残念ながら乗れませんでしたけど(笑)
駅を降りると冷たい風。
寒かったですが、駅から程近い所に
相談者のご自宅があり助かりました。

少し世間話をした後、本題のご相談に入り話をすること30分。
「杉山先生は怒らないのですね」と唐突に言われました。

何のことだか分からないので、どういうことかと尋ねると
私に相談する前に他にも不動産屋さんなどに相談したことが
あったそうですが、いずれもかなり冷たい対応で高圧的だったそうです。

なんだか怒られているようで怖かったそうです。
このまま依頼をしても、言いたいことも言えずに
進んでしまうのではないか?と不安になり
お願いするのをやめたとおっしゃるのです。

「何故、ご相談するのに高圧的に話をする必要があるのかな?」と
不思議に思いました。
私が予想するに、相談者の意見を聞くと
いろいろと煩雑なことをしなければいけない可能性があるので
なるべく、面倒なことをしなくてもいいように
立場の違いを明確にして、自分(相談に乗る側)の意向で物事を進めたい。
ということではないかと気がつきました。

結果的にこの相談は、住宅ローンの返済問題の他に、
クリアしなければならない問題もあったので
まずはそこから解決していくことになったのですが
そんな人もいるのだな。と思った日でした。

住宅ローンが返済困難になった方からのご相談承っております。
下記のフォームからどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご連絡先(必須)

題名

メッセージ本文

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.