単身世帯が3割超え、不動産市場への影響とは?

読売新聞で単身世帯が33%という記事を見ました。

単身世帯が3割を超えたのは、2010年でしたが
やはり上昇傾向にあるようです。

ちなみに1970年、私が生まれた年の単身者世帯の割合は
わずか5.9%でした。

約40年で6倍近くに膨れ上がっています。

さて、投資用のワンルームですが、バブルのときにブームが来て
その後下火になりました。

ブームが去ったワンルームマンションですが
今後ニーズが増えそうです。

そう、単身者。それも高齢者を対象とした物件です。

多くの物件が高齢者用に作られていないので、手直しは必要になるかも
しれませんが、今後高齢者用のワンルーム需要は上がることが予想されます。

但し、高齢者が住める環境というのは重要ですので
ワンルームであればどこでも良いかというと、そうではないことに注意が必要です。

不動産投資会社も同じデーターを持っていると思われますので
営業トークに惑わされず、しっかり物件を見極めることが必要です。

もしあなたが、不動産投資物件の購入をしたい
若しくは不動産投資物件の売却をしたい。とお思いなら
無料相談が出来ますので、お気軽にご相談下さいね。

この記事を書いた専門家

宅地建物取引士杉山善昭
宅地建物取引士杉山善昭高難易度不動産の専門家
(有)ライフステージ代表取締役
「不動産ワクチンいまなぜ必要か?」著者、FMさがみ不動産相談所コメンテーター、TBSひるおび出演、
プロフィールをもっと見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。