任意売却時、家の中の荷物は

不動産コンサルタントの杉山 善昭です。
遅ればれながらようやくipadを買いました。

2ですが。。。(笑)
機能的には充分ですし、安くなっていたので即購入でした。

先日、任意売却のご依頼があった厚木市の物件。
離婚してあまり良い思い出がないので、ほとんど寄り付かないという。

荷物が置きっ放しになっているので、そのまま売却できるか?
というご心配をされていました。

今日は任意売却時における物件内の荷物(動産)について
お話をしましょう。

任意売却が成立した際、物件内の動産は全て撤去する必要があります。

問題は撤去するタイミングです。
・販売するときに、撤去をしなければいけない。
・引渡しをするとき迄に撤去をしなければならない。

どちらでしょうか。

「不動産を売却する」という点では、販売開始時に動産が撤去され
きれいな状態のほうが早期の成約が期待できます。

しかし、動産を撤去するには手間と多少の費用が必要になりますよね。

経済的に困窮している状態において、この撤去費用を捻出するのは
なかなか大変です。

そこで任意売却の場合、引渡しをする際に動産の撤去をすることが
多くなります。
また、撤去費用は債権者である銀行やサービサーに返済する
お金の中から控除して捻出します。

荷物が大量に残っているんだけど・・・
という方でも任意売却の無料相談承ります。

こちらのフォームからお申込ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご連絡先(必須)

題名

メッセージ本文

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.