【期限の利益】きげんのりえき

民法136条に規定されている権利。
期限到来まで、債務の履行をしなくてもよい。という債務者の時間的利益の権利である。
住宅ローンなどは金利という代金で「期限の利益」を売る商品である。

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.