土地家屋調査士 髙野智之先生のインタビューページ

【土地家屋調査士 髙野 智之さんインタビュー】
■■■主要業務を教えてください■■■
以前依頼をいただいた方からのご紹介で測量業務が多いです。
不動産屋さんや工務店などから受注をする事もよくあります。
そうそう、税理士さんからの業務依頼も多いですね。

■■■現在に至るまでの経緯を簡単に教えてください■■■
土地家屋調査士の資格を取得したのは平成16年で、平成21年に独立し4年目を迎えました。
測量会社はもちろんですが、司法書士事務所に勤務していたこともあり登記関係業務も詳しいです。

■■■業務への熱い思いをお聞かせ下さい■■■
境界石設置などの測量業務は隣地の所有者と利害が相対することが多いので、トラブルになってしまうことが多いようですが、過去私が手がけた業務でトラブルが発生したのはゼロです。
と言っても、楽な業務ばかり受注していたわけではなく、トラブルになっている案件も途中から受注した事もあります。

正確説明をすることは、土地家屋調査士として当たり前ですが誠実に根気よく説明をし、理解していただくことだと考えています。
当事務所では依頼者からのヒアリングを重視しています。

周辺の方の生活状況や現在までの経緯のお話をたっぷり伺います。それからじゅうぶんな時間をかけて対策を練り、現地に行く手間を省かず複数回説明をすることなどが、今までトラブルがなかった理由だと思います。
高圧的な説明をしたり、何としてもやり込めようとする土地家屋調査士もいますが、私は「話せば分かる」ということを信じて業務を行っております。

■■■こんなご相談喜んで!というものはありますか?■■■
測量会社や土地家屋調査士事務所は、平日の日中しか相談できない。というイメージがあると思いますが、当事務所では夜間や土日のご相談も承っております。
また、依頼者のご負担が減るように、業務の相談や打ち合わせは
完全依頼者様のご自宅等で打ち合わせを行っております。
もちろん、出張料は無料です。

■■■今後の事業展開についてお聞かせ下さい■■■
いろいろなことを同時に行うのは、少し苦手なので、一件一件大切にコミュニケーションを取りながら業務を行って行きたいと思います。

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.