2018-08-20

投資用不動産の購入時の融資。これって不正なのでは?

通常の融資ではないような気がするのですが教えてください

お世話になります。
投資用不動産を進められて購入したのですが、今思えば、問題なかったのか気になります。
なお、金額などは仮です。

■1件目
 1000万円の物件とします。
 銀行からは800万を借りることができます。
 残額の200万のうち、手付金の10万を支払い、
 手付金を除いた、190万を不動産会社のローンとしました。 

 不動産を売買する会社自体のローンで支払う行為は問題ないのでしょうか。

■2件目
 同じく1000万円の物件とします。
 銀行からは800万を借りることができます。
 残額の200万のうち、手付金の10万を支払い、手付金を除いた、190万は、銀行の融資が下りた後に、銀行のカードローンで支払うよう促されました。

今考えるとおかしな取引だった気がしています。
利益がでるでない以前に、今後このような話が合った場合に、問題があるかないかをご教示ください。
よろしくお願いいたします。

全ての書類を確認しないとなんとも言えませんが。。。

ご相談ありがとうございます。宅建士の齋藤と申します。

今回のご質問は、
更なる詳細により回答が大幅に相違しますので、
様々な仮定の上で回答致します。
ご質問の回答に合致していなれけば、申し訳ありません。

1のケース:自己資金10万、銀行借り入れ800万、不動産会社ローン190万
2のケース:自己資金10万、銀行借り入れ800万、カードローン190万
として銀行の融資800万を申請、借入をしているのなら問題ないと思います。

しかし、1、2のケース共に、自己資金200万、借入800万として銀行の融資を引き出している場合、虚偽の資金計画で融資を借り入れしたことになり、問題が発生する可能性が高いです。

不動産業者のローンについて→貸金業を行う場合は一般的には貸金業の免許登録を済ませる必要があります。
また、契約内容、期間、利息等の有無により見解も異なります。

銀行のカードローンについて→銀行に申請している用途及び契約約定に該当するのであれば、問題に感じません。

以上です。
次回から不動産を購入される際は、
疑念に生じた事は常に質問しながら進行して頂き、
少しでも納得できない回答と感じられた場合は、
取引を中止される事を推奨致します。

宅建士 齋藤 剛

回答者宅建士 齋藤 剛

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.