【表見代理】いけんだいり

代理権が無いにも拘らず他人の代理人として法律行為を行った場合、その効果は本人に帰属しないのが原則である。しかし、他人に代理権を授与する旨を表示した者は、その代理権の存在を信頼して当該他人と取引した第三者に対しては、有効な代理行為がなされたのと同一の責任を負うことを表見代理という(民法109条、110条、112条)。

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.