【居住用財産の控除】きょじゅうようざいさんのこうじょ

※軽減税率・3000万円特別控除における「居住用財産」

大前提として、家屋があること。土地を所有しているだけでは、居住用とはいえず、家屋の所有をもって初めて「居住用財産」となり、その敷地である土地も同様に取扱われるということなのです。
1.自己の居住の用に供している家屋
2.自己の居住の用に供していた家屋で、住まなくなった日以後3年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡したもの
3.上記1.2.の家屋と共に譲渡されたその家屋の敷地とされていた土地・借地権
4.災害により滅失した1.の家屋の敷地とされていた土地等で、住まなくなった日以後3年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡されたもの
mousikomiannai3

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.