【任意後見制度】にんいこうけんせいど

将来自分の判断能力が衰えたときに備え、判断能力がある間に判断能力が不十分になった際に自分の財産管理等をしてくれる人(任意後見人と言う)を決めておく契約を公正証書にてする制度。判断能力が衰えた際に当該契約が効力を発生する為には家庭裁判所に申立てた上で後見監督人を選任して貰う必要がある。mousikomiannai3

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.