【法定後見制度】ほうていこうけんせいど

狭義の意味での成年後見制度である。既に精神上の障害や認知症等の理由により判断能力が不十分な人に対し、それを支援する人(成年後見人と言う)を家庭裁判所に申立てる事によってつけて貰い、上記判断能力が不十分な人(成年被後見人と言う)が経済的な不利益を受ける事が無いよう支援する制度。
mousikomiannai3

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.