【天空率】てんくうりつ

前面道路の反対側から上空を見上げた地点で、「計画したい建物によって生じる空の面積」を求める。同様に「道路斜線制限内の建物によって生じる空の面積」を求める。「計画したい建物で生じる空の面積」と「道路斜線制限内の建物で生じる空の面積」を比較して「計画したい建物の空の面積」が大きければ、道路斜線を超えて建築することが可能となる。
天空率は、上記の道路斜線だけでなく隣地斜線や北側斜線でも緩和することができる。

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.