【道路斜線制限】どうろしゃせんせいげん

道路斜線は、前面道路の反対側から定められた勾配(角度)内に建物を建てるように決められている。その勾配は、住居系地域で1.25、商業系と工業系地域は1.5と定められている。住居系地域に建物を建てる場合は、商業系や工業系地域に比べて制限が厳しい。また道路斜線制限は、天空率という法律によって緩和をすることができるので一部道路斜線を超えて建築できることができる。

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.