【敷地権】しきちけん

一棟の区分所有建物の敷地に関する権利をいい、登記によって確定する。
敷地権が登記されれば、建物の専用部分の権利変動等の登記に当たっては、敷地
利用権に関する登記は省略される。
両方の権利が一体化されている効果であり、区分所有建物の取引に伴う手続きが
簡略なものとなる。

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.