【敷地延長】しきちえんちょう

道路に接していない土地を、道路に接するように敷地の一部を延長した部分。路地状部分ともいう。
旗ざお状の土地
(建築基準法第43条の規定では都市計画区域内及び準都市計画区域内において建物を建築する際には、4mの道路に2m以上接していなければならないとされている。)
0628

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.