【瑕疵担保責任】かしたんぽせきにん

不動産売買で対象物件に隠れた瑕疵(キズ)が判明した場合の売主が買主に対して負う責任。
(民法570条に規定されている。)

不動産会社が売主である場合、宅地建物取引業法において、瑕疵担保責任期間は二年以上と規定されている。但し、新築住宅の特定部位に関しては10年となる。

宅地建物取引業者以外の売主の場合、瑕疵担保責任を負わない約定をして売買契約をすることができるが、売主が知っていて隠した瑕疵について、売主はその担保責任を逃れることはできない。

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.