狭い土地の建築

間口が狭い土地や狭小の土地
「こんな土地に家を建てる事が出来るの?」
人間の目の錯覚ですが、建物が建っていない土地をみると、実際の広さよりも狭く見えるのです。

狭い!と思われるかもしれませんが、10坪もあれば建築は可能です。
ただし、敷地が狭いと自由度が低下しがちです。
誰にでも出来るわけではない、狭小地建築。
だからこそやりがいがあるのです。

狭小地の建築はアイディア勝負

考えてみてください。
例え土地が30坪あっても、40坪あっても敷地は有限ですから何かしらの制約はあるのです。
どのような土地に建物を新築しても制約があるので、だからこそ狭小敷地は発想力が勝負です。
例えば、スキップフロアにするのもよし、地下室を作るのもよし、壁を極力作らずワンフロアで大きな空間を作るもよし。なのです。

ライフスタイルから空間を創造するのは本当に楽しいことです。

狭小住宅には目に見えないメリットも

テレビなどでよく報道されますが、小ささや狭さをアピールされますよね。
しかし、狭小住宅の特徴は「小さい」だけではありません。

狭小地住宅は、
・土地の固定資産税、都市計画税が安い
・同じ予算でより便利な場所が手に入る
・建売にはないオリジナリティ溢れる空間が作れる
・冷暖房費が抑えられる
というメリットがあります。

特に固定資産税や都市計画税、冷暖房費が安いことは家計を守る奥様にとって大きなメリットではないでしょうか?

「便利な場所に住むことができる。」というメリットも大きいですよね。通勤や通学時間の大幅短縮につながり、生活の時間に余裕が生まれます。

あなたも、便利な場所にマイホームを創ってみませんか?

工事予算管理もできる専門家

建築士に設計を依頼すると、「結局高くつくのでは?」と思われる方も多いかも知れません。
確かに、建築工事の実務を知らない建築士が設計した家は、当初の予算を大幅にオーバーしてしまった。。。という話を聞きます。

しかし、しっかりした専門家であれば、工事費、設計費、監理費トータルの予算を頭に入れながら設計をしてくれるので、ハウスメーカーの建築よりも安くなるケースも珍しくありません。

お金をかけるところはしっかりかける。
予算を削るところはしっかり削る。
このメリハリは建築士ならではのもので、空間創造力と共に、腕の見せ所です。

あなたの夢をかなえる住宅の専門家

一級建築士石橋貴行


【ご相談の流れ】
1.初回ミーティング(まずはご希望等をお聞かせ下さい)無料
2.打合せ(ご提案、予算・工期検討)
3.設計・監理契約
4.実施設計
5.工事契約(任意の工務店)
6.完成、お引越し

先ずは下のフォーム若しくはお電話で無料相談の申込みからどうぞ。
電話の場合は03-6803-6327で受付しておりますので「ページ番号3723の相談」と申しつけください。

携帯、スマホの方用の申し込みフォームはこちらです
※業務委託は有限会社プラスビッカ(取締役石橋貴行)と個別契約となります。

ご相談申し込みフォーム

(必須)お名前
(必須)フリガナ
(必須)メールアドレス
(必須)お住まい
(必須)お電話番号
(必須)ご連絡希望時間
フリーコメント

:注意事項を確認した上で申込ます。

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.