不動産知識検定試験の必要性、活用法

不動産に関する業務を扱う専門家は宅建主任者の他にもたくさんいます。

弁護士や税理士、建築士や司法書士などは直ぐに頭に浮かびますね。
他にも土地家屋調査士、不動産鑑定士、測量士。
そうそう、ファイナンシャルプランナーやマンション管理士もそうですね。

最近では、相続コンサルタント、相続診断士、相続アドバイザー等相続系の専門家も増加しています。

本当に、いろいろな種類の専門家がいます。
しかし、消費者の抱える問題に単独の資格だけで対応できることは少なくなり、多くの場合複数の専門家が関与しなければいけない事案。
以前よりも圧倒的に多くなっていると思いませんか?

現代では、単独の資格の知識だけでは消費者のニーズにマッチできない可能性が高くなってきました。

逆に、関連する資格者の業務に関しての知識を得ている専門家は、多角的な視点から消費者の抱える問題解決を提案することができ、業績も上がっています。

専門家に依頼する一般の不動産所有者においても、特定の事案が発生した際に「どのような手続きが必要で、どの専門家に依頼すれば良いのか?」
という知識を得ておくことは、自己の財産を守ることにつながります。

考えてみれば、「衣食住」と言う通り、生きてゆく上で不動産の保有、活用、取引をする為の知識が必要にも係わらず、義務教育にも「不動産の授業」はありません。

一般の不動産所有者と言えども、不動産に関連専門家が扱うそれぞれの法令や実務を横断的に得ておくことが今後ますます、必要ですし、不動産関連の事業者、資格者は必須になりつつあります。

不動産知識検定試験は、不動産関連の法令及び実務を
横断的に会得しているかを問う検定です。

今までの相談とこれからの相談

この検定により、
例えば不動産業者は、「安心して相談できる不動産業者」と信頼され
例えば税理士は、「不動産業務に強い税理士」というブランディングができ
例えば大家さんは、「自分の財産を守る術を知っている大家さん」と認められることになります。

【不動産知識検定試験の内容】
〇50問の四肢択一 筆記試験
・不動産に関連する専門家(宅地建物取引主任者、弁護士、税理士、司法書士、建築士、
公認不動産コンサルティングマスター、土地家屋調査士、不動産鑑定士)が扱う
法令等に対して横断的な知識を有するかを判定する検定です。
試験の内容は概ね次の通りです。
不動産の保有、活用、取引に関連する法令及び実務の知識。
不動産に関する法令、実務の知識(登記、税務、鑑定、建築、測量、訴訟等)

検定取得に向けての学習を通じて、これから不動産取引を行う予定のある一般消費者、日頃より不動産管理を業として行っている大家様、地主様及び不動産仲介の最前線にいる宅地建物取引主任士等には、是非とも身につけて欲しい知識です。

不動産知識検定に戻る

セミナー情報


相談事例

Copyright© 2010 一般社団法人不動産相談協会 All Rights Reserved.